エクラが学んだこと


3.11から、いまなお続く地震の発生状況を、時系列に、日本地図上にプロットしたサイトがあります。

c0200365_2135323.jpg
Japan Quake Map


サイトを開いて待っていると、2011年3月11日0時から発生時間順に、
次々と震源地とその地震範囲、地震の深さが地図上に現れ、今日までの地震の数は、トータル733回もありました。


被災地から離れた東京でも、体感する地震は相当数に及ぶはず。


ケータイの緊急地震速報の受信回数だけでも、現時点で14回、
緊急速報は、最大震度5弱の地震の際に、震度4以上の揺れの地域において受信しますので、
もっと小さな、しかし体感する震度のものは、相当数に及んでいることでしょう。

この地震速報が、かなり恐ろしい音で、しかもかなり大きい音で鳴り響くものですから、
しばらくは、この地震速報の音を聞くだけで恐ろしさに涙が出て、震えが止まりませんでした。

人間のわたしでさえ、こんな状態でしたから、音に敏感なエクラさんにはさぞかしおどおどしいものに感じられたに違いありません。
しかも、この大きな音が鳴るとなぜかしのたが泣いている・・・、
エクラさんもただならぬ状況であることを間違いなく理解したと思います。

c0200365_291380.jpg



今、エクラさんは、緊急地震速報の音を聞くと、ベッドで寝ていても、ゴハンを食べている最中でも、
すぐにしのたのところへ飛んできて、一緒にテーブルの下に避難します。

もともと「おいで!」が分かる賢いねこさんでしたから、速報の鳴った直後に、エクラを抱きかかえてテーブルの下にもぐる、を何回か繰り返していたら、いつの間にか音に反応して、自ら、避難するようになりました。

しのたが一緒にいるときは、速報が聞こえるからいいのですが、一人でお留守番しているときは、一人で避難できるのか、それが今とても心配です。




にほんブログ村 猫ブログ に参加中です♪
にほんブログ村 猫ブログ シャルトリューへ
[PR]

by phrik_kii_nuu | 2011-03-24 02:20 | Eclat(エクラ)