もらい泣き


昨日の、トヨタのF1撤退正式発表を受けて、やはりどうしても書いておきたいと思います。

企業としての決断は致し方ないこと。
願わくば、山科会長の涙が、一貴と可夢偉の将来を憂う想いが、
どうか単なるニュースの1ページとして終わってしまいませんように。

ブラジルGPに続き、最終戦アブダビGPでのあのすばらしい走りを見て、
すっかり可夢偉の虜になってしまったわたしは、
ただただ、優秀なドライバーの行く先が阻まれてしまったことが残念で残念でなりません。

どうか来季、可夢偉の走りをまた見ることができますように。
[PR]

by Phrik_kii_nuu | 2009-11-06 00:31 | 車・レース