-Eclat- 名前の由来


10月も折り返し地点を過ぎまして、
そろそろ来年の手帳の準備を、という時期になりましたので。

キャッテリーさんからご連絡をいただいた、夏ごろのページに、名前の候補を色々と書き記していました。
過去のページとなって、忘れ去られてしまわないうちに、
今日はそれらを、Eclatの名前の由来とともに書き残しておこうとと思います。


ご存知の通り、エクラは、フランス原産のシャルトリューという猫種です。
シャルトリューの世界ルールでは、2009年に生まれた子猫は"E"で始まる名前をつけることになっているそうです。

キャッテリーさんからそう伺ったしのたは、フランスのネコちゃんだからフランス語の名前を考えようc0200365_23383277.gif

と思い、むかーし使っていた仏和辞典を引っ張り出して、
"E"で始まる、新しい小さな家族にふさわしい単語はないかしら?と1ページ1ページ探したのです。

ねこちゃんをお迎えしたい、と考えるようになってから、実際にキャッテリーさんにコンタクトするまで、
随分と長い時間がかかりました。
長い時間をかけて、本当にねこちゃんをお迎えをしてやっていけるのか、考えて、考えて。

お迎えしたあと、しのたの生活はどうなるんだろう、とシミュレーションしてみたり、
仕事に出かけている間に、お留守番をしてもらわなきゃいけないから、それは大丈夫なんだっけ、とか
これまでと変わりなく、しょっちゅうタイに行くには、ねこちゃんはどうしたらいいんだろう、とか。

充分に検討した結果、お迎えすることを決意したねこちゃんなわけです。

そんなねこちゃんには、名前も充分に考えてつけてあげたいc0200365_23542363.gif

ということで、いくつかの候補から最終的に決めたのが
"Éclat"(エクラ)、 「輝き」とか「鮮やか」という意味のフランス語でした。

シャネルやディオールなど、フランス製の化粧品をお使いの方は、よくご覧になる単語では?
しのたも、辞書を開く前、最初に思いついた"E"で始まるフランス語は、"éclat"でした。


そのほかに、手帳に書きとめていた単語は、

 Élysée(エリゼ) : ギリシャ神話で極楽浄土、
  les Champs-Élysées(シャンゼリゼ通り)やle palais de l'Élysée(エリゼ宮)などで有名ですよね。
 enchanté(アンシャンテ) : (形容詞)とっても嬉しいとか、満足!という意味。
  はじめまして、の挨拶のときにも "Enchanté!" と使います。
 épais(エペ) : (形容詞)分厚いとかずんぐりとか。
 espoir(エスポワール) : 希望
 étoffé(エトフェ) : (形容詞)むっちりしたとか、肉付きのよい。
 étoile(エトワール) : 星


"éclat"と同様に、小さな家族との新しい生活に期待を込めた意味と、
やっぱり、ぽってりしたシャルトリュー独特の体型をイメージした単語と、大きく2種類でした。

最後まで、"éclat"と並んで候補に挙がっていたのは、"espoir"(エスポワール)なのですが、
これは単純に、発音したときの最後の音感(「ポワ~ル」部分)が、フランス語っぽいから。

意味も大切だけど、これから一生呼び続ける名前だから、音感も大切でしょう、とさんざん悩んだ結果、
一生呼び続けるには、6文字は長い、という結論で。

c0200365_0335217.jpg


#私信
ディーオさん、フラ語違ってたら指摘プリーズ!


にほんブログ村 猫ブログ に参加中です♪
にほんブログ村 猫ブログ シャルトリューへ
[PR]

by phrik_kii_nuu | 2009-10-17 00:42 | Eclat(エクラ)